逃げ場

逃亡中。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    富士山麓の水
    0
      JUGEMテーマ:メンタルヘルス
      JUGEMテーマ:宗教

      久しぶりに危ない目に遭いました。

      数年前の職場の同僚だったおねえさんから、会って話が出来ないかとのお誘いが昨日、突然にありました。
      そこで、昼から会ったのですが、行き先は教えてもらえず、自宅に車で迎えに行くからとのこと。

      私は何故か、昨日、静岡県に旅行に行った際に泊まったホテルで配っていた、富士山麓のバナジウム水を彼女に渡さなければいけないと強く思い、それを真っ先に、車に乗るなり彼女に渡しました。

      今考えると不思議です。
      土産だというつもりだったのですが、当然他のものも候補に挙がる中で、何故か色々と言い訳をつけて、「最も相応しいのはバナジウム水だ」と心に強く思うもう一人の私がいたのです。

      おねえさんは笑いながら断りましたが、私は強引に渡しました。
      「富士山の水だ」と言って。
      そうです、それは富士山から取ってきた(らしい)体にいい水なのです。
      別に効果を盲信していたとかそういう訳ではありませんでしたが、何故かその時は強く押し付けていました。
      しょうがなく受け取るおねえさん。

      てっきり、隣の市辺りのカフェにでも入るのかと思いきや、栄えていない方面へ走っていく車。
      あれ、どこへ行くんだろう。
      知らないお店でもあるのかしら。
      と、幾分不安になった頃、一つの建物の前で降ろされました。

      そこは、某有名な(国内最有力の?)某宗教団体の集会所でした。

      自分がそこの信者であることを打ち明け、私に「ここ知ってる?」と言うおねえさん。

      知らないわけではありません。
      私も身内に信者がいますので、良くも悪くもそこのことは大体知っておりました。
      ただし、自分は母の代から信者ではありませんので、その建物には当然ながら入ったことはありませんが。

      おねえさんが信者だったことと、久しぶりのお茶がこういうことだったことにはショックを受けましたが、私は不思議に平然としていました。

      「勧誘されても私は入りませんよ。祖父が信者ですから半分信者みたいなもんですし」

      そう言いつつさっさっとその中に入っていきました。

      「入ったことあるの?」

      と、不思議そうに訊くおねえさん。
      ないです、と答えつつ、普通の人はどうするもんなんだろう?と考えていました。

      中はひどく整然とした公民館のようなところで、その奥の椅子に腰かけ、プリンやクッキーをご馳走になりながら、世間話をしていました。
      しかし、予想外の展開だったので、同居人に私はメールで現状を知らせたものの返事がない。

      仕方なく、おねえさんが席を外した隙に同居人に電話しました。

      おねえさんが戻ってしばらくするともう一人のご婦人も席に来ました。
      お知り合いの方…のようでしたが、恐らく、団体内で少し目上の人でしょうね。

      実は初めてではありませんでした。
      非宗教系の団体のサークル部屋に連れて行かれた時も似たような展開になって……
      そして最終的には入会したのでした。
      (今もそちらのサークルや団体を正式に抜けられているかは分かりません。)

      おねえさんとその婦人は世間話に混ぜつつ、その団体の説明や、どれだけ自助努力をしている人たちなのかを切々と説いていました。
      よく分かっております、祖父も同じことをやっておりましたからね。
      お蔭さまで長生きしています。
      やっていないほうの祖父も無事に長生きしておりますが。
      つまり寿命はそうしたことに左右されないということですね。

      皮肉を混ぜつつ自分が努めて普通に話をしている内に、救いのナイト(笑)こと同居人がやって来ました。
      そして、この人は体調が悪いので、と説明して、来た時以上にさっさと私を連れ帰って行きました。

      危ないところだったね、と話している内に気付きました。

      あのバナジウム水は神様の山から取ってきたお水です。
      それを「神はいない(もしくは、別の人に言わせると仏より下)」と否定する人たちに押し付け渡してきたことになるのです。
      お蔭で、相手の出したものを飲食しても悪びれずに済みました。

      おねえさんは何度もバナジウム水を返そうとしましたが、私は頑なに固辞して(「家に帰ったらこれと同じのが沢山あって困るんだよ」などと冗談めかして)無理に置いてきたのです。

      私はおねえさんの目的に全く気付いていませんでした。
      だから決して対抗するつもりで持って行ったわけではないのです。
      けれども、結果としてはそうなった。
      不思議なことだと思いました。

      そして、入信させられる前に私を連れ戻しに来てくれた同居人に感謝しました。

      こんな出来事がありました。
      | 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
      そうか。
      0
        今日はどうも、女の子の日の始まりみたい。

        それでか……。

        何故か睡眠時間が短くなり、妙にさばさばとした風を装って攻撃的に振る舞ったり、何だか心がむしゃくしゃして、全て考えが変で強引なほうに行ってしまうのは。

        今日は休みなのだ。
        大いに休もうではないか。

        と、言ってみてももう15時、おやつの時間だ。
        時が経つのは速い……。

        洗濯と掃除をした。
        そういうことがやりたくなるのも、つくづく女の子の日の周辺である。
        | - | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
        嫌なこと
        0
          あまり、というか絶対に書きたくない、と思っていたのだが……。

          職場のSさん(50代)とHさん(20代)がうざすぎる……。
          他にもいる。
          というか全体的にうざくてあんまり好きではないのだが、Sさん(60代)もくどい(というか、喋り方それ自体がべとべともごもごしていて、気持ちが悪い)。

          Sさん二人に共通しているのが、分からないことやできないことがあればすぐ他人の力を借りようとする、訊く、騒ぐ、など。
          年度始めはそれが鬱陶しく、また、「気が利かない」という評判になるのを恐れ、耳に入ったら答えていたが、今はもう直接訊かれない限り知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいる。

          また、Hさんは、言うこと全てが誰かを責めるもしくは否定する言い種、しかもきつい、いわゆる文句を言う人に見える。
          声も大きい。
          私も、年度始めに「チェックしてもらわないと道具を持っていけない。待っているだけじゃなくて、年度終わりまでにやっておかないとだめなんですよ!」と、怒られた。
          仕方がないからやりましたが、Sさんその他がする質問やPCの使い方など全てを私に訊いて(振って)くるのはうざい。
          ちなみに、仲良く雑談しようとしても、人間嫌いらしく、つっけんどんなので話は進まない。
          偉そうにしている。

          他、その時Hさんの肩を持った人としては、Saさん(50代)とNさん(50代)がいる。
          「(私の職掌分野の)仕事をきちんとしてもらわないと困る」だそうで。

          私はそれらを真に受けて(文句を言われる前に動こう!と)きりきり働いた結果、インフルエンザにかかり熱を出した。

          彼女達からは避けられている、というか違うグループだが、Iさん(50代)とYさん(60代)も独自の価値観と感じ方と考え方を持った、話の通じない人たちだ。

          Sさん(40代)にも同じことを感じた。
          やたらと早口で話が聞き取れない。
          理解出来ないでいると怒りだす。
          Hさんと一緒に時々人の陰口を言っているので、参った。

          他、違う組合のIさん(40代)、口やかましく注意はするが、表情に出さないため恐ろしいSuさん(40代)、全てSuさんに流されがちなMさん(40代)など、要注意人物が沢山いる。

          そしてそれらがお互いに反目し合い、時にはつるんでいるので疲れる以外の何者でもない。

          この時期(夏季休暇の時期)が終われば、彼女たちのうるささも仕事に追われる中で違うものにまた変質するだろうし、今は休んでいるSuさんが復帰するので、気が休まる時間も減ることだろう。

          ああ、鬱陶しい。

          それを思うだけで微熱が出る気がする。
          質が違うとしても皆うるさい。

          ちなみに、上に挙げた人は全て女性である。
          女性が働くことの難しさよ。
          頭が痛い。
          | - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
          出張
          0
            明日は、新しく出来た学校を見学しに行く予定です。
            そのピカピカさや豪華っぷりを堪能してきます。

            嫌な気持ちになることを言う人が多いと思ってきました。
            しかし、人と話すと嫌な気持ちになる、という感情に変わりつつあります。
            元々そうだったのかも。
            苛々したり、或いは悪口を言われて逆上したり、悶々としたり。
            そんなことに耐えながら、最悪を回避しつつやってきたつもりでした。

            でももう嫌だなぁって、個室で電話で母に愚痴りながら、そう思っていました。
            ひどい頭痛がしていました。
            これは宿命なんだなぁと思いました。
            「いじめ」(ではないのかもしれないけど、最早自分にはそう感じられること)に遭っても、普通の人のように特定の時間を嫌な仕事をして過ごさないといけないのだし、人からの質問や要望に答えてあげないといけないのだなと。
            うんざりしました。
            いつになく乱暴な言葉も使いました。

            だから頭痛が取れたのは、ようやっと23時くらいで、それが妊娠の初期症状でも何でもなく、単なる減薬の副作用なんだと納得できたのでした。

            文章に脈絡がありません。
            気がふれている人のようかもしれませんが、もう面倒なのでがばーっと書いておきます。
            | - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
            無題
            0
              ちょっと職場で嫌なことが。
              会計が合わない。

              その上、他の本来担当しているはずの人からは、何故か私のせいだということになっていて、過剰に責められる(例の私の態度が悪いからとかの理由かな)。
              いつもやっているはずのことがこういう時には「分からない」と言い出す。
              その上、大騒ぎして冷たい目で見て「年度変わりには異動もあるんですから!」的に説教しておいて自分は、外作業に行ってしまう。

              態度が矛盾してないか?
              そんなに大変なら自分でも調べろよ。
              いいなー、都合良く分からなくなれるなんて楽だね。

              私だけ風邪になっても幾ら残業しても構わないんだよねきっと。

              心配しても口だけウーマンなんですね。


              これをご覧になった方々には、人の悪口で大変申し訳ありませんけど、ここだけで我慢させてください。
              | - | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ひま。
              0
                朝が来てしまう不満もなく。
                他人に負けてしまう不安もなく。
                人に愛されない心配もなく。

                ただ眠れるなんて。

                眠剤ってすごい。
                続きを読む >>
                | - | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                寝るのが怖い夜
                0
                  久しぶりの通勤、仕事、その他もろもろ。
                  怖いです。
                  不安でたまらなくて眠剤二つのみました。

                  怖い。
                  お願いだから明日何も起こらないで……。
                  | - | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  無題
                  0
                    数日前、自分はちちくさいということに気付いたのだった。
                    なぜだろう。
                    もうとっくに子供じゃない(笑)年齢なのに。

                    気付くと手の指が裂けています。
                    今朝などは、血が滲んでいました。
                    無意識にどこかにひっかけているのか。

                    仕事で疲れています。
                    でも、大分落ち着いて来ました。
                    一大行事が終わったからですかね。

                    JUGEMテーマ:ブログ
                    | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    転勤
                    0
                      外は嵐です。
                      風が強く吹いている。
                      正直、体が動かなかったのですが、父に呼ばれて夕飯を食べに行きました。
                      ストレス解消のために、日本酒を飲んだら、気持ち悪くなりました。
                      やや。
                      JUGEMテーマ:ブログ
                      | - | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      ぐちです。
                      0
                        とてもしんどいです。
                        体が動かない。
                        もし先週と同じペースで、質問や文句や頼みごとをされたら、もう駄目かもしれない……。
                        この職種は、今くらいが一年に一番忙しい時期だそうです。
                        これを過ぎたら、落ち着いてくれると思いますが……。
                        もう無理です(;´∩`)
                        | - | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        CALENDAR
                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>
                        PR
                        RECOMMEND
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENT
                        モバイル
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE